漢方巡り旅

漢方巡り旅~韓国 ソウルに再び編~

こんにちは。
 
今回は「漢方薬局巡り旅」のコーナーになります。
漢方巡り旅、第八弾になりますね。
 
ただ今回は前にも行った韓国 ソウルでした。(近いから行きやすいんですよね~)
 
今回も弾丸旅行の研修の1泊2日!しかも滞在時間が24時間ないという超弾丸です。
 
太陽堂の皆での韓国研修旅行になります。(決して遊びではありません。(笑))
 

今回も羽田からソウル(金浦)へ。

朝の5時半に起きて、6時集合羽田に7時に着くという眠くてたまらない旅の始まり…
 
ただ朝から皆でお酒を頂き、旅を楽しみながらのスタート。
 
何度も言いますが、遊びではありません…(笑)

韓国に着いたら市場に直行です。

今回はソウルのみなので前回より少し時間がありました。
 
ゆっくり市場を見る事が出来たのですが、今回も色々な収穫がありましたので少しご報告させて頂きますね~
 

 
一番ビックリしたのは「牛黄」になります。
 
牛の胆のう中に生じた結石(胆石)が「牛黄」になり、効果としては
 
・血圧降下作用
・抗炎症作用
・鎮静作用
・強心作用
・利胆作用
 
など様々です。
 
「肝臓疾患」「心臓疾患」など様々な病気に使え、狭心症で使われる「ニトロペン舌下錠」の代わりにも使えます。
 
「ニトロペン舌下錠」は副作用として「脳貧血」「嘔吐」「眩暈」などがありますが、副作用が少なく使いやすいのが「牛黄」です。
 
こんなでかい「牛黄」始めて見たかもしれません。ビックリしました。

 

お昼ご飯は事務の西岡さんの希望でタッカンマリを。

「タッカンマリ」とは何?と思いながらお昼を食べに行ったのですが、美味しくてビックリ。
 
「タッ=鶏」
「ハンマリ=一羽」
 
という意味らしく「鶏一羽」「タッカンマリ」になります。
 
聞いた事のあった「サムゲタン」と何が違うの?って思って調べたら「鶏の中に食材をいれるかどうか」らしいです。
 
滋養強壮の効果もあるみたいなので、朝早くから歩いている身体を元気にしてくれました。

 

夜はソウルの中心地の「明洞」に。

大韓民国ソウル特別市中区にある繁華街が「明洞」です。
 
最初に見たのが「教会」になります。
 
有名な教会らしく「明洞聖堂」と言い、韓国で最も歴史が古い所らしいです。
 
若い人も多く、教会から大勢の方が出てきました。
 
本当はゆっくり回ったら良かったのですが、疲れたので別れて行動する事に。
 
「前原先生」「金子先生」と足つぼマッサージに行き癒されました(笑)
 
就寝時間は12時近くて、次の日も6時起きという大変ハードな研修旅行でしたが、楽しむ事が出来て何よりです。

ちなみに最後は日本食が恋しくなり、帰ってきた日に「お寿司」を食べに行ってきました。(笑)