漢方薬のお話し

運動率上昇?男性不妊の味方「桂枝加竜骨牡蛎湯」について。

今回の漢方薬のご紹介は不妊・婦人科を担当させて頂いている「前原」がさせて頂きます。
 
ご紹介する漢方薬は「桂枝加竜骨牡蠣湯」です。
 
皆さんも一度はお聞きした事があるのではないでしょうか?
 
実際使われているのは「うつ病」「不眠症」などで使われている事の方が多いかもしれません。
 
太陽堂でも実際に「不眠症」などで使う事は多いですが、使われる症状の幅が広い漢方薬なので「神経症」「性的神経衰弱」「精子障害」に着目しお話しさせて頂きますね。
 
漢方薬のお話しに入る前に余談ですが、皆さんはしっかりお休み出来ていますか?
 
近年は忙しい日々を送っている方が非常に多い為、「身体や心の疲れ」はどうしても溜まってきてしまいます。
 
「慢性的な疲労」「ストレスの積み重ね」により成人男性の「正常な精子の減少」が増加傾向にあるようです。 
 
東洋学的には「腎虚」「気虚」といった状態になる為、気を付けた方が良い事なども含めて「桂枝加竜骨牡蠣湯」の話しをさせて頂きますね~

「桂枝加竜骨牡蠣湯」てどんな漢方薬?

「桂枝加竜骨牡蠣湯」
 
〇桂枝(ケイシ)
〇芍薬(シャクヤク)
〇大棗(タイソウ)
〇生姜(ショウキョウ)
〇甘草(カンゾウ)
〇竜骨(リュウコツ)
〇牡蠣(ボレイ)
 
の7種類からなる漢方薬です。
 
「桂枝湯」「竜骨」「牡蠣」を加えただけですが、それだけで効果ががらりと変わります。
 
「桂枝」は血行を良くして身体の表面を整え、「芍薬」は筋や精神を緩めて安定させる作用。
 
「桂枝」は他の生薬とも相性が良く、
 
「桂枝」「甘草」で気の上衝を発散
 
「桂枝」「芍薬」で疲れによる「身体痛」を和らげる効果を上げる
 
などの効果を発揮してくれます。
 
「大棗」はブドウ糖様作用により緊張緩和、「生姜」は中を温め湿を取り、「甘草」は毒を消し全体の効き目を上げてくれます。
 
「大棗」「生姜」「甘草」はセットになり、3種類で自然治癒力を高めてくれる生薬です。
 
「竜骨」は収斂(しゅうれん)作用があり、精神を安定させ気の漏れを防ぎ、「牡蠣」は鎮静作用から緊張を緩めて降ろしてくれます。
 

「桂枝加竜骨牡蠣湯」が男性不妊を改善?

男性不妊と言っても「乏精子症」「精子無力症」など色々な病気があります。
 
「腎虚」による気血不足の状態が「下半身の虚」に繋がりそれを改善するのが「桂枝加竜骨牡蠣湯」です。
 
「桂枝加竜骨牡蠣湯」「乏精子症」にも効果が抜群、体質が合う方は改善される方も多くなっています。
 
また女性のFSH(卵胞刺激ホルモン)も「桂枝加竜骨牡蠣湯」を使い改善する事が多い為、ホルモンの調節も「男性不妊」に役立っているのかなと個人的に感じる事が多いです。

漏れを止め「過活動性膀胱炎」などの多尿にも

「竜骨」は漏れを防ぐ作用があると書きましたが、精神的なもの以外にも「尿」の漏れも防いでくれます。
 
自律神経が一番影響を受けやすい臓器として「心臓」「大腸」「膀胱」があり、この中の「膀胱」に作用する事で多尿にも効果を発揮するのが「桂枝加竜骨牡蠣湯」です。
 
漢方薬って1つの症状にか効果がないというわけではないので、不思議ですよね~
 

「桂枝加竜骨牡蠣湯」 まとめ

「桂枝加竜骨牡蠣湯」についてご説明させて頂きました。
 
「神経症」「性的神経衰弱」「精子障害」に絡めた「桂枝加竜骨牡蠣湯」のお話しになります。
 
「うつ病」「不眠症」で有名な漢方薬ですが「男性不妊」「ホルモン」という部分でも効果を発揮する漢方薬です。
 
「下半身の虚」に効果が高く「多尿」などの漏れにも使える漢方薬「桂枝加竜骨牡蠣湯」。
 
「医食同源」という言葉があり、漢方薬を飲むだけで改善するわけではありません。
 
病気を改善するのに重要なのは「食事」「運動」「睡眠」は大前提として大切になってきます。
 
ここをおろそかにしないようにしましょうね~
今回ご紹介しました「精子無力症」「乏精子症」「過活動性膀胱炎」に関しては、ホームページでお話ししています。
 
ぜひ参考にされてみて下さい。
太陽堂ホームページ 「精子無力症」
 
太陽堂ホームページ 「乏精子症」
 
太陽堂ホームページ 「過活動性膀胱炎」