漢方薬のお話し

出血を止める「黄連解毒湯」とは?脳動脈瘤にも使います。

「黄連解毒湯」を知っている方は多いのではないでしょうか?
 
効能・効果で書かれているのは「高血圧」「不眠症」、「二日酔」「皮膚炎」などになりますね。
 
熱を取る漢方薬なので太陽堂でも「高血圧」「皮膚炎」などに使っていきます。
 
それでは「黄連解毒湯」の説明していきましょう~
 

「黄連解毒湯」てどんな漢方薬?

 
「黄連解毒湯」の中身は、
 
〇黄連
〇黄ゴン
〇黄柏
〇山梔子
 
の4種類になります。
 
「黄連解毒湯」「熱を取る漢方薬」になります。
 
「黄連解毒湯」を散(粉)にしたものが「黄解散」になり、散(粉)にしたものの方が即効性は高いです。
 
熱というのは実際にどんな症状かというと
 
・のぼせ
・発赤
・紅潮
・充血
 
などになります。
 
この中の「充血」「出血」になり、「充血」を取る事で「出血」「動脈瘤」を治していきます。
 
また「熱」から神経症にもつながる為、「不眠」「イライラ」などにも使われる事があります。

出血を止める時は?

鼻血などの出血に関しては「黄連解毒湯」単味でも効きやすいのですが、一刻を争う出血時は早く漢方薬を飲む事が大事になってきます。
 
特に「くも膜下出血」は時間がありません。
 
この時は「黄連解毒湯」「大黄」を加えた「五黄散」を使っていきます。
 
「大黄」は便を軟らかくする為の生薬というイメージが強いかもしれませんが、熱を取る役割もあります。
 
「大黄」を使い便を出し「熱を取る」という方法です。
 
早期で飲む事により「半身不随」「麻痺」が残らないようにする事が可能になります。
 

「黄連解毒湯」は他にはどんな疾患に使えるの?

「黄連解毒湯」「四物湯」と合わせる事で「温清飲」という漢方薬になります。
 
太陽堂では「温清飲」「皮膚病」で使う事が多いです。
 
その他にも「黄連解毒湯」の時に使える「高血圧」などの症状に使う場合があります。
 
「温清飲」のお話しはまた別の機会にお話ししていきますね。
 
また皆さんご存知の「葛根湯」「黄連解毒湯」を組み合わせる事で炎症に使う事も出来ます。

「結膜炎」などの炎症にも使えますよ。
 

「黄連解毒湯」のまとめ

熱を取る「黄連解毒湯」いかがでしたか?
 
最初の印象として脳出血が治るの?と驚いた記憶があります。
 
早目に対処する事で予後も良くなるはずです。
 
すごいですよね~
 
「出血」以外にも「高血圧」「皮膚炎」などにも使っていく漢方薬です。
 
「皮膚炎」で難治性と言われている「掌蹠膿疱症」も改善致します。
 
「掌蹠膿疱症」もホームページに書いていますので、ぜひ参考にされてみて下さい。
 
太陽堂ホームページ 掌蹠膿疱症